MENU

0〜6ヶ月の子猫用にオススメのキャットフードとポイントの紹介

一般的に0〜6ヶ月は『子猫』として扱います。猫にとって『授乳期』と『離乳期』の期間であり、食事はそれなりに繊細。0〜2ヶ月の間は母猫がミルクを与えるのが普通なので、無理に人の手を加える必要はありません。しかし母猫がいなかったり、育児放棄してしまったときは飼い主がしっかりと管理してあげる必要があります。

 

基本的には栄養価の高いヤギのミルクを人肌程度に温めて飲ませてあげればOK。1ヶ月くらい経ったら少しずつ離乳食を食べられるようになってきます。オススメの子猫用キャットフードとそれぞれのポイントを紹介します。

 

子猫用キャットフード選びの3つのポイント

 

高タンパク質・高カロリーなものを選ぶ

市販のキャットフードで「子猫用」が販売されているので、基本的にはこれを選べばOKです。子猫のうちはたくさん食べられないので、1度の食事で栄養をたっぷりと摂れる高タンパク質・高カロリーなキャットフードを選びます。もちろん成猫用のキャットフードでも栄養価が高いものなら問題ありません。

 

穀物が多いものは避けたほうが無難

穀物に含まれる炭水化物は猫にとってあまり効率よく吸収できるものではありません。なんなら食べる必要が無いレベルです。成分表は多く配合されているものの順に記載されているので、最初に穀物類があるならそのキャットフードは適していません。

 

安心・安全の無添加を選びたい

まだまだ体が小さい子猫は添加物による悪影響が大きく出やすいと言われています。成猫でも同じですが、やっぱり安心・安全の無添加を優先したいところです。

 

オススメの子猫用キャットフードはカナガン

 

おすすめキャットフード

詳細

カナガン

安心の無添加、そしてグレインフリー(穀物不使用)。原材料はチキンを60%以上と猫の健康を考え抜いたキャットフードとして高く評価されています。正にこれから成長していく子猫には最適です。

 

子猫用と成猫用のキャットフードは何が違う?

キャットフードにはライフステージ別に「子猫用」「成猫用」「シニア用」などの種類があります。子猫用と成猫用の大きな違いはカロリー量です。急激な体の成長にたっぷりの栄養は必要不可欠。1歳頃まで猛烈なスピードで成長し続けていきます。

 

そのため成猫と比べて必要なカロリーが高いわけです。しかし体が小さく、消化能力もまだまだ弱い子猫は一度にたくさんの量を食べられません。つまり一回の食事でより少ない量でもカロリーを摂取できるものを選ぶ必要があります。だから子猫用キャットフードが用意されているわけですね。

 

まとめ

値段の安い子猫用キャットフードは「とにかく高カロリーに!」とあまり勧められないような原料を使っていることも。将来の免疫力などにも影響する大事な時期だけに、ちゃんとしたものを食べさせてあげたいところです。

おすすめのプレミアムキャットフード人気ランキング

愛する猫ちゃんに与えるキャットフードは、毎日与えるからこそ味や品質にこだわりたいもの。子猫から育てるならなおのこと、素材などに気を使っておきたいですよね。

そんな愛猫ちゃんがきっと満足してくれる事、間違いなしなプレミアムキャットフードの人気ランキングをご紹介。数ある商品の中でも、根強い人気を誇るおすすめ高級キャットフードになっています。




カナガン
カナガンのキャットフードの特長の一つは100%無添加であること。着色料などの添加物が気になる方にはぴったりの商品です。また、新鮮なチキンをたっぷりと使用している点も魅力で、その割合は60%以上。原材料もヒューマングレード厳選です。意外と知られていませんが、猫にはタウリンが必要です。その栄養素も 2,200mg/kg 配合されているので、猫の健康にも配慮されています。

グレインフリーなので、アレルギーが心配な猫にも安心して食べさせることができます。さらに、野菜やハーブをたっぷりと配合しており栄養バランスにすぐれ、子猫から老齢の猫まで全てのライフステージに対応しています。顆粒は小粒タイプなので、小型の猫でも喉につまらせること無く安心です。定期コースを契約すれば最大20%OFFでお得です。

カナガンの購入はコチラ

シンプリー
シンプリーといえばサーモンというほど有名な商品です。その秘密は原材料の50%以上にサーモンを使用しているプレミアムな餌であること。低カロリーなのでライフステージを問わずにどんな猫ちゃんもおいしくたべられます。また、アレルギーの心配が少ない点も魅力です。シンプリーを愛用している飼い主さんからは、「ヘルシーな餌って味がうすいのかなかなか食べてくれなかったけど、シンプリーなら食べてくれる」と好評です。

なんといっても獣医さんのお墨付きなのが嬉しいポイント。可愛い猫の健康維持に欠かせないキャットフードです。シンプリーは単品3,960円と、プレミアムキャットフードなので少しお高めのお値段。しかし定期コースを利用すれば最大57,024円/年も安くなります。ちなみに、5,000円以上の利用で、送料・代引手数料も無料になるのも注目ポイントです。

シンプリーの購入はコチラ

ファインペッツ
ファインペッツは「世界最高品質」「安心安全」のキャッチフレーズで、プレミアムキャットフードの中でも特に有名です。その大きな魅力はお試しパックが用意されていること。こちらは1kg540円という通常の76%OFFという仰天価格。ワンコインとちょっとでサンプルを手軽に購入することができるので、「高級なキャットフードをたくさん買ったのに猫が食べてくれなくて困る」といった事態を事前に防ぐことができます。

サンプルとはいえ中身は1kgあるので、猫の好みに合うのかどうかじっくりと試すことができます。長く食べ続けてみたら体に合わなかった、という経験はありませんか?そういったリスクを回避する意味でも、サンプルを試せるというのは大きな魅力ですよね。可愛い家族のために、是非一度試していただきたい商品です。

ファインペッツの購入はコチラ