MENU

粗悪なキャットフードは猫を病気にするリスクが高い!元気でいてもらうために食事から見直す

現在市場に出回っているキャットフードの大半は『粗悪品』と言わざるを得ません。安くて大量に入っているから、という理由で選ぶ人も多いですが、これでは愛猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

猫の元気が無いから動物病院に連れて行ったら…肝臓の数値が悪かったり、腎臓を悪くしていたり、尿路結石だったり、といったことがありますが、大半は粗悪品のキャットフードを食べ続けていることが原因。いつまでも元気で可愛いままでいてほしいと思うならこそ、粗悪品を避けるべきです。そこでここでは避けるべき4つのポイントを紹介します。

 

定番の原材料『ミートミール』は良くない

キャットフードの裏面には成分表、原材料が記載されています。多くの商品には『ミートミール』と書かれているはずです。お手持ちのキャットフードもぜひチェックしてみてください。猫は肉食動物なので、動物性タンパク質を中心に食事を摂る必要があります。そのためミートミールはなんとなく悪くない選択肢だと思われがち。確かにその考えは悪くないのですが、ミートミールに問題があります。

 

これは「人間は食べない、食べられない粗悪な肉」であることが多く、動物愛護精神が旺盛な海外では忌避されているほど。海外では4Dミートと呼ばれています。具体的には肉以外に「肉骨粉」「皮膚」「内臓」「毛」「爪」「鳥のくちばし」などなど。薬殺処分された動物、病気の動物、腐敗した肉、悪性腫瘍などもミンチにされていることも珍しくないのだとか。

 

とてもコストが低いのでキャットフードの材料に選ばれることが多いのですが、もし自分たちがこれを食べる…と考えるとゾッとしますよね。ミートミール以外にも「肉類」「家禽ミール」「チキンミール」「肉副産物」といった表記になっていることもあります。原則ミートミールを使っているキャットフードは粗悪品だと考えて差し支えありません。

 

成分表の1番目に穀物類が記載されている

安いキャットフードによくある問題が穀物類をたくさん使っていることです。これはいわゆるカサ増し目的になります。「とうもろこし」「大豆」「大麦」「小麦粉」あたりが定番でしょうか。猫にとって植物性タンパク質はほとんど必要なく、さらに炭水化物の消化・吸収はとっても苦手。毎日必要以上に摂取しつづけると腎臓を始めとした内臓系への負担が大きくなってしまうと言われています。

 

とはいえすべての穀物が問題なわけではありません。猫は「吐く生き物」なのである程度は食物繊維が必要。猫草などでカバーしてあげれば良いのですが、猫ちゃんによっては全然食べてくれないことも…。低GI穀物使用のキャットフードや、グレインフリーのキャットフードを選んであげるようにしましょう。

 

添加物がたっぷりと使われている

キャットフードには本当にたくさんの添加物が使用されています。しかも全成分の表示義務が無いので、例え使っていたとしても無記載になっているケースが多いのも難しいところ。

 

完全に添加物を使わないキャットフードは難しいので、ある程度の妥協は必要です。しかし次の3つの添加物は極力避けなくてはなりません。

 

  • BHA、BHT、エトキシキン
  • プロピレングリコール
  • 着色料

 

それぞれ簡単に説明していきます。

 

BHA、BHT、エトキシキン

これらはいわゆる『酸化防止剤』です。キャットフードの品質低下を防ぎます…が発がん性のリスクが高いため問題視されています。またアレルギーや皮膚病を引き起こすケースが多い点も指摘されています。なおエトキシキンに関しては日本では食品添加物として認められていません。

 

プロピレングリコール

保湿・静菌作用があり、やはり品質低下を防ぐ目的で使用されます。同様に発がん性が認められており、猫の貧血を引き起こす危険性が指摘されています。なお日本のキャットフードには使用してはならないと義務付けられているため、最近ではほとんど見かけません。

 

着色料

キャットフードの色合いを良くする目的で使用されます。発がん性やアレルギーを引き起こす可能性があると指摘されます。着色料というよりは発色剤になるのですが「硝酸ナトリウム」「亜硝酸ナトリウム」にも注意。これらは肉の赤みを保ちますが発がん性が指摘されています。

 

塩分はほとんど不必要!

猫にとって塩分はほとんど必要ありません。にも関わらず、多くのキャットフードは過剰に塩分が含まれているため腎機能障害を引き起こすリスクがあります。

 

なおキャットフードに含まれている塩分量はナトリウム0.2%以下が基準です。これ以上のナトリウムが含まれているキャットフードは粗悪品とみなし避けましょう。

 

まとめ

こうやって見てみると、流通しているキャットフードの大半は粗悪品ばかりだと実感せざるを得ません。「人間が食べるものではないから、少しでも安く買えた方が良いでしょう?」という感じを受けます。

 

愛猫の健康と元気を考えるのなら、粗悪品は避けて良質なキャットフードにこだわることが大事。こういった考え方の飼い主さんが増えてきたからこそ、安心して食べられるキャットフードが増えてきたのも事実です。猫ちゃんのためにも納得できるものを選んであげましょう。

おすすめのプレミアムキャットフード人気ランキング

愛する猫ちゃんに与えるキャットフードは、毎日与えるからこそ味や品質にこだわりたいもの。子猫から育てるならなおのこと、素材などに気を使っておきたいですよね。

そんな愛猫ちゃんがきっと満足してくれる事、間違いなしなプレミアムキャットフードの人気ランキングをご紹介。数ある商品の中でも、根強い人気を誇るおすすめ高級キャットフードになっています。




カナガン
カナガンのキャットフードの特長の一つは100%無添加であること。着色料などの添加物が気になる方にはぴったりの商品です。また、新鮮なチキンをたっぷりと使用している点も魅力で、その割合は60%以上。原材料もヒューマングレード厳選です。意外と知られていませんが、猫にはタウリンが必要です。その栄養素も 2,200mg/kg 配合されているので、猫の健康にも配慮されています。

グレインフリーなので、アレルギーが心配な猫にも安心して食べさせることができます。さらに、野菜やハーブをたっぷりと配合しており栄養バランスにすぐれ、子猫から老齢の猫まで全てのライフステージに対応しています。顆粒は小粒タイプなので、小型の猫でも喉につまらせること無く安心です。定期コースを契約すれば最大20%OFFでお得です。

カナガンの購入はコチラ

シンプリー
シンプリーといえばサーモンというほど有名な商品です。その秘密は原材料の50%以上にサーモンを使用しているプレミアムな餌であること。低カロリーなのでライフステージを問わずにどんな猫ちゃんもおいしくたべられます。また、アレルギーの心配が少ない点も魅力です。シンプリーを愛用している飼い主さんからは、「ヘルシーな餌って味がうすいのかなかなか食べてくれなかったけど、シンプリーなら食べてくれる」と好評です。

なんといっても獣医さんのお墨付きなのが嬉しいポイント。可愛い猫の健康維持に欠かせないキャットフードです。シンプリーは単品3,960円と、プレミアムキャットフードなので少しお高めのお値段。しかし定期コースを利用すれば最大57,024円/年も安くなります。ちなみに、5,000円以上の利用で、送料・代引手数料も無料になるのも注目ポイントです。

シンプリーの購入はコチラ

ファインペッツ
ファインペッツは「世界最高品質」「安心安全」のキャッチフレーズで、プレミアムキャットフードの中でも特に有名です。その大きな魅力はお試しパックが用意されていること。こちらは1kg540円という通常の76%OFFという仰天価格。ワンコインとちょっとでサンプルを手軽に購入することができるので、「高級なキャットフードをたくさん買ったのに猫が食べてくれなくて困る」といった事態を事前に防ぐことができます。

サンプルとはいえ中身は1kgあるので、猫の好みに合うのかどうかじっくりと試すことができます。長く食べ続けてみたら体に合わなかった、という経験はありませんか?そういったリスクを回避する意味でも、サンプルを試せるというのは大きな魅力ですよね。可愛い家族のために、是非一度試していただきたい商品です。

ファインペッツの購入はコチラ